フリーランスと特別な緊張感

最近は、会社も定年後の再雇用制度を整備してきたため定年は60歳というわけではないが、それでも会社員には退職という仕事人生終了の目に見える節目がある。
一方、フリーランスのように独立して個人事業者として仕事をしていると、自分で廃業という幕引きをいつするかということにまったく制約がないため、健康状態を保ち働く意欲を失わなければいつまででも現役を続けられる生き方ができるのである。

いつまででも仕事ができる自由な生き方は、普通に考えると理想の形にも思えるが、もし健康を損なったり働く意欲や能力を失った場合には、60歳を待たずして廃業を余儀なくされるというリスクも抱えていることに他ならないという面もあるため、会社員と比較して一概にどちらがいい悪いを決めることはできないだろう。
しかしフリーランスの場合は、いつまでも仕事ができるかもしれないし、突然廃業を余儀なくされる可能性があることから、特別な緊張感を持って日々を過ごすことができるというメリットがあるともいえるであろう。

特別な緊張感とは、健康を害するようなストレスという意味ではなく、与えられた時間を常に有効に活用してできる限りのことを今しようという前向きな緊張感である。
もちろん自営業だからといって自動的にそういった特別な緊張感を持てるわけではないが、独立して自らの健康管理に気を遣いながら自分で必死に考えて生計を立てていくと身に付けられる可能性は高いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です