フリーランスの生き方とやりがい

フリーランスの生き方を選択する場合に重要なものは、やりがいだろう。
何にやりがいを感じるかは人によって違うが、それは人それぞれ価値観が違うからである。顧客から感謝の言葉をもらった時にやりがいを感じる人もいるし、それがどんなに小さなものであって自分の立てた目標をクリアした時にやりがいを感じる人もいる。

もし会社員でそのやりがいをうまく見つけることができなかったり、別の会社への転職を繰り返してもそのやりがいを見いだせなければ、フリーランスという生き方に望みをかけることになるかもしれない。しかし、フリーになれば簡単にやりがいが見つかるというものでもないはずだ。

そもそもその人の価値観や考え方がしっかりしていれば、会社員をしている時にもやりがいを見つけることができたであろう。会社員時代にやりがいを見つけられなかった人が、やりがいを見つける目的のためにフリーに転職するのは危険かもしれない。
やりがいを見つけてから、それを支えにして仕事を頑張るという形が理想かもしれないが、やりがいを見つける前に、今目の前にある仕事に集中しベストを尽くすということが大切だともいえる。

フリーで働く場合は、常に自分本位ではなく顧客本位で仕事をするべきだと言われている。
やりがい探しが目的になってしまうと自分本位になる恐れがあるため、フリーの生き方を選択した限りは、やりがい云々ではなく目の前の顧客に集中して仕事をするべきだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です