フリーランスの生き方の特徴は自由と責任

会社員には安定した収入が得られることや、社会的に信用が得られる等の特徴があるが、フリーランスにも特徴がある。
その代表的なものの一つが、雇われて仕事をするのではなく自分自身がその事業の経営者となるということである。
経営者は事業に関する経営判断を行う必要があり、判断を間違えればその事業が失敗するというリスクもあるが、そのリスクを乗り越えて成功すれば大きなリターンを得ることができるというメリットもある。
つまり、自分の将来を他人にゆだねる部分を少なくし、自分で自分の未来を決める責任を持つ立場になるのがフリーランスの生き方なのである。

こういった生き方を苦しいと感じる人もいるが、逆に楽しいと感じる人もいるだろう。
そのため、フリーランスの生き方は万人向きとはいえないかもしれないが、それでも誰でも目指せばなることができるものである。
確かに会社員にはたくさんのメリットがあるが、自由という観点でいうと制限はあるだろう。会社員でも自由を感じて仕事をしている人はいるだろうが、それでも会社が管理している領域があり、いわば管理された自由といえるかもしれない。

しかし、フリーで独立した後は、管理する領域自体を自分で決めることが必要である。自分の立ち位置を自分で決めるのである。領域や立ち位置を会社任せにしその部分の判断について楽をしたければ会社員を、そうでなく自分で決める自由を得たいのであれば独立を選ぶのがいいだろう。
このようにフリーランスとは自己責任を負いつつも、成功すると個人で高評価を得られる仕事であるため、やりがいを見出せるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です